渡邉敬太

日本産業を根底から支えていると実感しています。
 
小林産業は、縁の下の力持ちになれる会社です。“産業の塩”とも呼ばれるねじ製品は、目立ちこそしませんが産業には欠かせないものです。そんな商材を世の中に広く供給する形で社会に貢献できる、という部分に魅力を感じ入社を決めました。
特に達成感があった仕事は、東北震災での復興の物件を受注したことです。津波の避難階段の部材を納入したのですが、現場が遠いので担当者と何度も電話で打ち合わせし、注文・納入までを行いました。出来上がった階段の写真を見たときは、実際に人の役に立てているという充実感がありました。 このように、最初から最後まで自分が携わり、関わっていくことができるので、ひとつひとつの仕事に思い入れがあります。その仕事全てが確実に日本を支えていますし、自分の仕事のスケールの大きさを実感します。
 
 
 
 
 
 
「ホウレンソウ」の大切さ
 
基本的なことだと思いますが、「報告・連絡・相談」いわゆるホウレンソウを大切にしています。入社して仕事に慣れてきた私は、ある程度自分で重要度や緊急性を判断して最低限のホウレンソウだけ行っていました。それでいいのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ホウレンソウを受ける側から考えると間違っています。私の考えが変わったのは後輩ができてからです。普段の報告やコミュニケーションがしっかりできていると、いろんなアドバイスをもらえるので自分の経験値では気づかなかったチャンスに気づくことができます。 また、クレームが起こってしまった際も顧客の状況がわかるのですぐに対応することができますし、大きな事態になるまえに防ぐこともできます。自分の仕事を円滑に進めていくためにもホウレンソウが役に立つと気づいてからは、細かいことでも報告し、以前よりも効率的に仕事ができるようになりました。

社員紹介

  1. 樫元敦彦

    2001年入社  大阪支店
    営業課 課長 樫元敦彦

  2. 西本有里

    2013年入社 大阪支店
    営業課 西本有里

  3. 西村由莉香

    2012年入社 大阪支店
    営業課 西村由莉香

  4. 岩崎玲愛

    2017年入社 九州支店
    業務課 岩﨑玲愛

  5. 山下恒兵

    2012年入社 名古屋支店
    営業課 山下恒兵

  6. 北脇恵美

    2015年入社 大阪支店
    業務課 北脇恵美

  7. 道原裕二

    2001年入社 広島営業所
    営業課 課長 道原裕二

  8. 中川聖良

    2015年入社 購買部
    海外購買課 中川聖良

  9. 井上 裕大

    2009年入社 山陽支店
    営業課 井上裕大

  10. 渡邉敬太

    2015年入社 九州支店
    営業課 渡邉敬太

PAGE TOP