トップメッセージ

代表取締役社長 檜垣俊行

ものづくりへの貢献を通して、再び成長へ

小林産業グループは、日本の産業発展とともに、約90年にわたりねじを中心としたものづくり資材を提供してきました。その間には、日本製ボルトの輸出、外国製ボルトの輸入、ハイテンションボルトの開発などを業界に先駆けて行いました。
また、お客様により近い場所からサービスを提供するため、全国に14の拠点を設け、業界最大の在庫量と販売網を築くに至りました。

その結果、業界のリーディングカンパニーとして、数千社の仕入れ先や顧客の皆様との取引を通じ、日本のものづくりへ貢献できることは、我々の誇りであり喜びです。

近年は日本の産業の停滞が指摘されていますが、小林産業グループは、ねじ、コンクリート用金物に加え機械工具へ市場を広げ、再び成長を目指すと共に、一層日本のものづくりに貢献できるよう、全社一丸となって努力して参ります。

代表取締役社長 檜垣俊行

OFFICE


全国に展開する支店・営業所をご案内します。

拠点一覧

CONTACT


ご依頼・ご相談のお問合せフォームをご案内します。

お問合せ